So-net無料ブログ作成
検索選択

いざ余部鉄橋! [旅行]

余部鉄橋,もうじき鉄骨の橋梁がコンクリート製に架け替えられる工事が始まる
ということで,見に行ってきました。

どうしても,電車が通るのを待ちかまえてしまうのです・・
その風景も然り,ガタンゴトンという音がまた,いいのです。

駅まであがって上からも見てみます。
日本海が迫り,風光明媚な場所でした。

架け替えしなくても,と思いますが,一緒に行ったきっちい氏によると
今の鉄骨橋梁の状態では,風が強いとすぐに運行できなくなるそうで,
橋の用途から考えるとやむを得ないことのようですね。
それでも,構造的に理に適ったものをつくったそれが,
そのまま美しさにつながっているのだとつくづく思い知らされました。
私もものづくりにおいて,めざすかたちというものはこうありたいと願わずにはいられません・・


nice!(0)  コメント(13)  トラックバック(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 13

ryu

わーん(泣)ボクも行きたかったよ~!
しかたないことだけど、やっぱり残して欲しいと思うのであります。
by ryu (2006-05-04 22:35) 

yosh

>ryuさん
次回は,この電車に乗りたいと思うのであります!
青春18切符などで一緒に出かけませんか?この秋までには行けそうもありませんが,工事中でも電車は走っているはずでしょうから,架け替え途中を見るのもいいかなぁと・・
by yosh (2006-05-05 00:44) 

きっちい

何度みても美しい姿です。
架け替え途中の姿もおつな物かもしれませんねえ。
また見に行きましょうか。
by きっちい (2006-05-05 01:52) 

yosh

>きっちいさん
何度見てもいいですねぇ。。是非,また行きましょう!
きっちいのおかげで素敵な体験できたこと感謝してます!!!
by yosh (2006-05-05 14:07) 

池ぴょん

え~~~。なくなっちゃうの?
残念だね。趣深いのに。。。
安全性でもんだいあつのかなぁ。
by 池ぴょん (2006-05-05 18:09) 

daisy

あやうい繊細さが、美しさに繋がってるかんじ。
確かに、強風は危険なのかも。
by daisy (2006-05-05 22:24) 

yosh

>池ぴょん
本当にもったいないと思います・・・今までの歴史を考えると。その上美しいものがなくなってしまうということが実に残念!
>daisyさん
次期コンクリート橋がどのようなものか全然知らないのですが,繊細なものではなくなるのでしょうか・・
by yosh (2006-05-06 00:11) 

Keiko

たのしい見学になりましたねぇ、見てるだけでくらくらしてきちゃった・・・。渡るって、少しばかりこわそう・・・。
by Keiko (2006-05-06 20:54) 

かっさん

どうやら、同じ場所に行っていたようですね^^;
ま、あの景色のすばらしさは行った人しかわからないですよね!やっぱ、あのシンメトリカルな橋脚には反応したんでしょうか?^^;
by かっさん (2006-05-07 12:13) 

yosh

>Keikoさん
上から見下げる分にはよくわからないのですが,下から見上げると本当にものすごい高さでした。
>かっさん
そうですね!実際行ってみてイメージがだいぶ違いました。真下に家屋があるのも意外でした。
by yosh (2006-05-07 13:39) 

まっしゅ

お!
付け替えられるんですねえ・・・
工事始まる前に見に行かなきゃ!!
by まっしゅ (2006-05-07 22:34) 

yosh

>まっしゅ
お!かえってきたのねぇ・・パリ~から。。
by yosh (2006-05-07 23:35) 

酔人漫

お邪魔します。ヨット乗りです。余部へ、いってきましたか?
歴史話ですが,余部鉄橋は,フィラデルフィアの鉄工所に設計製作を依頼し、はるばる、アメリカの東海岸から、台船にのせられて,運ばれてきました。台船で海岸近くまで運び,工事現場まで,ころで運んだそうです。 製作を引き受けたフィラデルフィアの鉄工所の当時の設計者に
我らが Tomさんのおじいさんがいたそうです。不所儀なつながりですね。
by 酔人漫 (2007-11-20 09:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。