So-net無料ブログ作成

まち直し [住]

P1030420s.jpg
前回からまたふた月近く経ってしまいました。
その間に起きた東日本大震災では、本当に心が痛みます。
被害に遭われた方にお見舞い申しあげるとともに
日常の暮らしに戻れる日が早く来ることをお祈りしています。


そして今は選挙の時期。実は今回、密かに(?)応援している人がいます。
その人は「まち壊しからまち直しへ」という目標を第一に掲げています。
元々は、地元にマンション建設計画が持ち上がったところから
それに意義を唱え活動を始められたようです。

以前から私も、閑静な住宅街に突如マンションが建つこと、
建てることが可能な世の中には大変な憤りを感じていました。
今の日本では、土地所有者の権利だけが保証され、また法律を順守した建物であれば
周辺住人であっても、基本的には何も言えないのです。
そうして年々、地域の町並みは良好な住環境から遠ざかっています。

そしてそのような乱開発を許したのは、政治家だと思っています。
なので是非、前述の方には頑張って欲しい。
全国一律の建築基準法とは別に、地域毎に条例を制定することが出来るのですが
この人も都市景観についての条例をつくること
さらには既存ストックの活用(耐震改修や耐震補強の推進)をしようとされています。

新しい建物を建てさせたくないわけでは決してありませんしましてや私は設計士。
問題なのは、敷地環境を顧みず、収支のために容積・建蔽率一杯に建てたり
建替工事の際に、既存の豊かな緑まで撤去して全て更地にしてしまうことが殆どなので
そういうことをせず町並みに沿った内容であればよいしむしろ資産価値も上がると思うのですが。

先日は別の候補者の選挙カーから「高齢者のために・・・・ 頑張ります!」
という声が聞こえてきました。
私の住む地域は高齢化率が高いのでそう言っていると思うのですが(笑)
即物的だったり、一部の人の利益にしかならないのでは、
何時まで経ってもいい世の中にはならないと思っています。
幸せとは何か、人にとって故郷の風景を失うことの喪失感て
何にも代え難いものだと、今回の震災でも非常に感じたのですが

夙川駅から見た桜、毎年この風景は変わりません。
川沿いなので、誰の所有物にもならない・・・安心して見ていられます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。