So-net無料ブログ作成

雪の金沢21世紀美術館 [art]

009s.jpg
2012年の今年、最初に訪れた美術館は金沢21世紀美術館でした。
竣工してから7年あまり経ちますが、訪問するのは今回が初めてです。

地面は雪に覆われ、今までに建築写真として見た光景(背景が芝生)
とはちょっと違った印象でした。建物の色も白いのでそのエリア全てが白く、
(白くない)屋外展示は引き立って見えました。
雪は風景にとって非常に影響を与えるものだと思いました。

038s.jpg
折角の美術館に背を向けた息子は、雪だるまを作ることだけに集中してました。

ここは来館者がアクティブになれる美術館で、いわゆる「ホワイトキューブ」的な美術館ではないといったところ…
建物としては複数の白い箱で構成されていますが、空間もひっくるめて作品だなと思う作品もあって
もともと建築そのものが目的でここに来たのですが、やはり作品があってこその美術館
なのだというのも改めて気付いたところ。

そこで戸惑ったことがひとつ…建物の撮影はOKだが作品は× だという
そこらの線引きが微妙な場所がありました。

082s.jpg

これはそんな中のでのワンショット…
私の好きなアーティスト、ジェームズタレル氏の部屋にて。

息子はしきりに口を開けて上を向いています(^_^;)
この空間に入ったならば誰もが上を向くに違いありませんが
屋根が開いて雪が舞い込んでくることに反応して、雪を食べようとしているのでした…
タレルのスケールに対して息子がなんとちっぽけなことか…(^_^;)

やはりタレル!切り取られたエッジの中にある空は格別なものでした。
晴れた日の夕暮れ時が一番お奨めなのかもしれませんが
曇天でもじゅうぶんお空の美しさは堪能できます。

金沢は美しい場所が沢山あり、今までにも何度か訪れており、好きな街です。
またいつか、子供を連れて別の季節に訪れたいと思います。
076s.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。